予約制ウィザードリィ RMT 3/25(火)新アバター「ネイヴァルオフィサー」セット登場!

日期:2014/03/22  転載:http://www.rmt-roan.jp アクセス回数:727

「ウィザードリィ」サービスチームによりますと、
3月25日(火)定期メンテナンスにおいて、ホワイトスフィアのレアアバターの入れ替えを行います。
新たに登場するレアアバターはこちら!


「ネイヴァルオフィサー」

****

アザルス大陸で一番有名な服飾仕立屋といえば、誰もが「ホワイトエンジェルズ」の名を挙げるだろう。
この店はクォパティ法制院直轄の仕立屋であり、服飾技術は確かである。
が、それよりなにより「本物に許可を得ないレプリカ服を売る」ことで名を馳せている。

今回、そのホワイトエンジェルズが、渾身の出来栄えとして販売始めたのは、ハーサント連邦海軍将校服である。
同店は以前にもハーサント連邦軍将校服のレプリカを販売して物議をかもしているが、以前のものは陸軍仕様で今回の新作は海軍仕様らしい。

前作と大きく異なっているのは、部分的に紫色の発光材質が仕込まれていることだ。
これはとある妖獣の皮で、暗いところでは薄く光って見えるらしい・・・が、発光できる期間は短いため、店頭に並ぶ頃には光っていないだろう。
一体何のために仕込んでいるのか常人には理解できない。
材質は簡単な鏃であれば防げる「軽い鎖帷子を内包した特殊なもの」らしいが、その効果をテストしたことはない、とのこと。
また、前作で大きく開けられた腹部分のデザインは、今作では普通の将校服となっている。
前作の腹部分が大胆にカットされていた理由を店主に尋ねた所
「ハーサント連邦っていやぁ、砂漠だろ? 砂漠だったら暑いじゃねぇか。だったら腹くらい出しといてやんねぇと暑くてこんな服着ていられないぜ」
ということであったが、今回は海軍仕様なのでカットする必要はなかったのだろう。

これもいつものことながら、ホワイトエンジェルズ店主は本物の特徴を聞きかじっただけでレプリカを作る。
それをレプリカと言うべきなのか困るところだが、デザインと色味が本物と異なって「良くなる」のが毎度のことなのだ。
その証拠に「本物よりかっこいい」「本物より機能的」の声は、ハーサント連邦の将校達から聞こえるものばかりである。

これは余談であり、実に不可思議なことであるが・・・
自国軍服の「本物以上のレプリカ」を勝手に販売しているホワイトエンジェルズ店主に対して、ハーサント連邦政府もクォパティ法制院側も、一切の店主にクレームしていない。
(ハーサントは将校服を、クォパティは近衛騎士団法衣を、それぞれパクられている)
この2大大国の実行力からすれば、ホワイトエンジェルズの店主はとっくの昔に「不敬罪」などで投獄されていてもおかしくない。
だが、そういった強制は一切されていないどころか、忠告も警告も出ていないらしい。

「彼は引退しちゃあいるが、クォパティ法制院第17代法王なんだよ」
「あの人はドワーフの三大鉱山ギルドの一つを牛耳っている御館様なんだよ」
「金持ちだから賄賂でどうにかなってんじゃなーい?」
「宮殿の実力者の妻をNTRした挙句、言いなりにして便宜を図っているに違いないのですとも、えぇ。あぁ羨ましい妬ましい肖りたい」

という噂が記者の耳にも入ったが真偽の程は定かではない。



ディメントウィークリージャーナル ファッション部 担当:スター・ニューワン
 
 
 
 


なお、入れ替えに伴い「ミヤビ」セットは3月25日(火)定期メンテナンス以降は出現しなくなります。
入手はお早めに!




ご注文はこちら:http://www.rmt-roan.jp/game/wizardry

                                                                                                                        rmt-roanから編集致しました


tag:

前のページ:大航海時代 RMT 【復旧】接続障害のお知らせ

次のページ:予約制 ラグナロク(RO) RMT 【公認ネットカフェ】PayNetCafe アイテム販売一時停止のお知らせ